京都インディーシーンの最重要バンドとして活動を繰り広げ、
数多くのアーティストからも厚い信望を受ける「キツネの嫁入り」。
待望の3rdアルバムが堂々P-VINE RECORDSよりリリース!
変幻自在なアンサンブルとコトバが容赦なく捻れ合う、
辛辣だが温かい唯一無二のアヴァン・ポップがここに誕生した!

死にたくない

  • 1. 伴わない、絶対。
  • 2. 山羊は死刑台に上らない。
  • 3. B.G.M
  • 4. 死にたくない
  • 5. がらんどう
  • 6. 青天井
  • 7. 消えない影
  • 8. 放物線
  • 9. since1970
  • 10. 悲哀の仕事
  • 11. キヤスメ
品番 PCD-18752

キツネの嫁入り 3rd Album「死にたくない」 Release tour

9/23(月・祝)京都
元・立誠小学校
office@madonasi.com
w/向井秀徳 志人・スガダイロー 片山尚志
吉田省念・植田良平・鈴木ちひろ かりきりん
9/29(日)大阪
心斎橋CONPASS
info@conpass.jp
w/LAGITAGIDA・nhhmbase・ANYO・nayuta
Heiligenschein middle9 duo・六階・吉野
10/13(日)名古屋
今池ハックフィン
hkf@huckfinn.co.jp
w/レミ街 Acoustic set・CARD・THE PYRAMID
10/20(日)広島
ヲルガン座
organzainfo@gmail.com
w/柴田聡子 O.A オカダノリコ
11/4(月・祝)東京
渋谷O-NEST
office@madonasi.com
w/コトリンゴ nhhmbase ザ・なつやすみバンド
11/17(日)徳島
徳島市フィガロ
office@madonasi.com
w/tricot・ときめき☆ジャンボジャンボ・白波多カミン・the coopees・血眼・uri gagarn・ワスレゴトLAGITAGIDA・B from OUTATBERO
11/24(日)和歌山
HERON
office@madonasi.com
w/松本陽太・関口てつや・kiki
12/1(日)三重
四日市SUBWAY-bar
office@madonasi.com
12/8(日)京都
木屋町UrBANGUILD 「ワンマン」
office@madonasi.com

監督・構成
撮影
協力
キャスト
頃安祐良
石井将
青山月見ル君想フ・清水逸太郎
高橋 花生・渋川 智代・岡 奈穂子・芝 博文・山口 オン・ぎたろー・高橋 卓郎・江原 大介・真柳 美苗

「死にたくない」そう言って
彼女は戦場にでかけた

「もう死にたい」そう言って
彼は家を出なくなった

朝昼晩食べて、あの子は幸せを探す
朝昼晩食べれずに、彼は幸せを見つける

ららら
ららら

違うグラス片手に、同じように、こぼれないように歩いているのさ
違う悲しみと喜びを、同じように笑って涙してるのさ

悲しみは降り注ぐ、この雨より同じように
喜びは降り注ぐ、この雨より同じように
悲しみは、喜びに姿を変えて降り注ぐ
喜びは、悲しみに時々姿を変える

ららら
ららら

テレビとネットから襲ってくる
あやふやな正しさと戦ってるのさ
隣の芝生が青くても
同じように答えは笑っているのさ

違うグラス片手に、同じように、こぼれないように歩いているのさ
違う悲しみと喜びを、同じように笑って涙してるのさ

COMMENT

モーモールルギャバン
ゲイリー・ビッチェ
マドナシさん、僕が貴方と同じバンドでドラムを叩いてた頃、頭を振り乱し絶叫していた貴方から、まさか「キヤスメ」のような名曲が生まれるとは思いもしませんでした。今の僕があるのは15%くらい貴方のおかげです。「死にたくない」必聴!

3rd Album PJ Team

レコーディング/ミックス/マスタリングエンジニア

岩谷啓士郎(イワタニケイシロウ) KEISHIRO IWATANI

FB:http://www.facebook.com/keishiro.iwatani Twitter: https://twitter.com/KKKKKCCCCC

1982年熊本県生まれ。ギタリスト、サウンドエンジニア。 2007年に日暮愛葉率いるLOVES.のメンバーとしてki/oon Recordsよりデビュー。 現在はトクマルシューゴ、ACO、Ryo Hamamoto、LOSTAGE、南波志帆など、 多数アーティストのライヴやレコーディングに関わっている。 2012年より奈良県在住。

彼なくして今回の作品は文字通り存在しなかった。キツネの嫁入りの意図を音像を全て把握してくれた敏腕エンジニア。仕事の早さは王将のオーダーを上回るクオリティ。立体的な音に仕上げてくれました。長い付き合いになる予感!(マドナシ記)

バイオリン/たゆたう

イガキアキコ AKIKO IGAKI

URL:http://igakiakiko.net

音楽家、クリエイター。天真爛漫二人三脚ユニット「たゆたう」をメインに、ショピン、ファンファーレロマンギャルドなど様々なバンドのサポートや、演劇・ダンス・ペイントなどとのコラボレーション、CM、映像作品などへの楽曲・演奏提供を行うなどジャンルを問わず活動している。
前作に引き続き、もはや5人目のキツネの嫁入りといっても過言ではない。信頼というのはこういう事かと説得力のあるアレンジ・フレーズで語りかける。驚くべきはその瞬発力とイメージのコンセンサスの早さ。言葉はいらなかった(合った方が良かった気はするが。あと、譜面とか)音を聞いて音お生み出してくれた。ツアーにも何か所か同伴予定!(マドナシ記)

イラストレーション/デザイン

西 祐佳里(ニシユカリ) NISHI YUKARI

URL:http://ferriswheel.fem.jp/

京都造形芸術大学 芸術学部 情報デザイン学科卒業。
独特の深いトーンで描かれる風景や人物、動物など、不可思議な物語を連想させる絵画を制作。
国内外でアートフェア等の展覧会・企画展に参加。

西さんも前作に引き続き。音源のイメージからの今回のデザインを仕上げてくれた。暗いだけではない。明るさとポップさと、よじれた空間の感じは、これ以上となくキツネの嫁入りの世界観を表現してくれました。キツネの嫁入りのアートワークから切っても切れない関係。
今回のモチーフはグッズにも多数登場予定!(マドナシ記)

アーティスト写真撮影/フォトグラファー

井上 嘉和(イノウエヨシカズ) YOSHIKAZU INOUE

URL:http://fotologue.jp/inoue-yoshikazu/ FB:http://www.facebook.com/yoshikazu.inoue.3

「維新派オフィシャルカメラマン」「枚方市駅前の写真屋」という肩書と、メジャーからインディー、雑誌から広告まで様々な撮影・企画を行う。私が個人的に把握しているだけでもクラムボン・トータス松本・ROVO・worldend's girlfriend・mama!milkといったアーティストの撮影を行っている。敏腕カメラマン・プロデューサーでありながら、その実は家族をこよなく愛する子煩悩なパパ。(マドナシ記)

MV制作・ディレクション/映画監督

頃安祐良(コロヤスユウスケ) YUSUKE KOROYASU

Twitter:https://twitter.com/KOROYASU

1984年岡山県津山市生まれ。日本大学芸術学部放送学科卒業。 映像製作団体“三代川達(みよかわたち)”に所属。 『シュナイダー』が、東京学生映画祭グランプリを始め、第31回ぴあフィルムフェスティバル、水戸短編映像祭など様々な映画祭に入選。他にも『マイ・サンシャイン』が第14回水戸短編映像祭で準グランプリを受賞。『想いは壁を通り抜けて、好きな人に逢いに行く』が第12回TAMA NEWWAVEや福井映画祭に入選。 自身の作品を制作する傍ら、トクマルシューゴの「Parachute」や、埋火の「溺れる魚」のMV、ROVOのベーシスト原田仁のソロユニットのライブ映像、SKE48の個人PV(担当:小林絵未梨)や乃木坂46のシングル特典映像(担当:桜井玲香)や、舞台の宣伝映像『アルテノのパン』(出演:野呂佳代(元SDN48))なども手がける。

トレイラー制作・ディレクション/

柳田雅紀(ヤナギダマサキ) MASAKI YANAGIDA

URL:http://vimeo.com/channels/yanagida

Live映像撮影・編集を行う。枠にはまった映像作品に関心を示さず、独自のこだわり・概念に基づいて撮影を行う。その「我」は、映像作品の節々から匂い立つ。そうか、そういう映像もあるのかと毎回彼の作品を目の当たりにする度感じる。人に映像作品から「らしさ」を感じ指す事のできる稀有なCinematographer(マドナシ記)