sowレコ発

2016.12.25(Sun)マドナシソロ
@木屋町UrBANGUILD sow Release Party!

sow・レコ発

京都を中心に活動するインストバンド「sow」のリリースパーティにマドナシソロで呼んでいただきました。彼らとは一言で言うと時々出会う間柄。ついでに言うと買った家具屋の関係者だったり。いや、それは関係ないな。コンスタンスな活動と愛想ないようで愛想のある感じで前作からちょっと気になっていた彼ら。前回、今回共にアー写の構図がリズム隊はそっぽを向いているのは狙いなのだろうか。そして、吉村くんは3割増しでえらそうな顔で映っているがホントは死ぬほど気さくなあんちゃんである。この度、ソロではあるけどやっと共演できて嬉しい。ギター・ピアノ・ベース・ドラムというシンプルな編成。感情的すぎずトリッキーすぎず優しい音楽。こういう両極いかない丁寧な人達って一昔前は何バンドかいた気がするのだが、てんで見なくなったなと思う。マイペースな活動というセンテンスはへてして一線を置いた捉えられ方をされるケースも多々だが。それを継続するのは一番難しい事なのだ。クリスマス、ステディーと一緒にきても楽しめる夜かと思われ。俺はというとアコギ一本で変拍子だらけの謎の歌モノといういつも通りの感じで参りマス。皆様、会場でお会いしましょうか。

イベント概要

2016.12.25(sun) sow 1st full album「Route of migratory」release party
@木屋町UrBANGUILD
[act]
Ryu Matsuyama
マドナシ(キツネの嫁入り)
吉岡哲志(LLama)
SIRMO STAD
sow × VJ Yohsuke Chiai & Takuma Nakata
04

uwn!(Live paint)


sow

sow

公式サイト:http://www.sow-web.com/
吉村和晃(Gt)、二反田由貴(Pf,Syn)、山下貴弘(Ba)、山田弦矢(Dr)
2008年結成。
メンバーチェンジを経て2011年現編成での活動を開始。
国内外のポストロックバンドと数多く共演。
アートイベントへの出演などジャンルレスに活動。
叙情的なフレーズと緻密な構成の楽曲は、
鋭角的、攻撃的なハードコアサウンドから
繊細且つ雄大なサウンドスケープまで多彩な表情を見せる。

メディア情報: CINRA.NET掲載のインタビュー「ポストロックは生き方の転換点でもあった。京都発・sowの歩み」

左のyoutubeは、Ryu (from Ryu Matsuyama)※今回のレコ発にも出演。をゲストに迎えた1曲をインスピレーションに、2組の映像作家がミュージックビデオを制作。こちらは、映像家族yucca 「TOMOAKI KANEKO」によるもの。彼のコメント「この曲を聴いた際、sow×Ryu Matsuyamaの「表現」の融合だと認識した。 映像を制作する段階で所謂ミュージックビデオを制作して調和させるのではなくて、また新たな「捉え」や「表現」が生まれれば面白いと感じた。 敢えて、歌詞を追わず、音楽側の表現に対してのANSWERを狙った。 兎にも角にも、素敵な曲だなと思った。」
映像家族yuccaについてはこちらから

MAP

会場: 木屋町UrBANGUILD
住所: 京都市中京区木屋町三条下ルニュー京都ビル3F
TEL: 075-212-1125
アクセス: 京阪三条駅[6番出口]から徒歩約3分、阪急河原町駅[1番出口]から徒歩約6分。
木屋町三条の交差点より南に約100m、木屋町四条の交差点から北に約400mの位置です。エレベーター手前にITOENの自動販売機があります。3階までどうぞ
WEB: http://www.urbanguild.net/
チケット予約はお問い合わせフォームより件名に公演日ご記入の上、お名前、枚数をご入力ください。
お名前必須
メールアドレス必須
件名
お問い合わせ内容
キツネの嫁入り・スキマ産業関係のメルマガを希望する。
 はい いいえ