news_xlarge_ikanimo_jkt20161116

2017.09.30(Sun)Ikanimoツアー<キツネの嫁入りduo>

Ikanmo西日本ツアー

Wukabinbinでお世話になっているのIkanimoさんがツアーで来られます。そもそも”Ikanimo”とは!?ケイタイモ、野村卓史(グッドラックヘイワ、NATSUMEN)、松井泉(YOUR SONG IS GOOD)の3人からなるユニット。ケイタイモはギターとボーカルのほか、隠れた特技であるモンゴル地方の歌唱法・ホーミーを、野村はアコーディオン、松井はパーカッションを担当し、純日本的なメロディとボサノバのリズム、不可思議な日本語詞が織りなすポップスを発信する。 キツネの嫁入りはDuoで出演予定

イベント概要

9/30(日)@bunkai社

Ikanimo 小鳥美術館

開場18時
前売3,000円 / 当日3,500円


キツネの嫁入り

201707

公式サイト:http://madonasi.com/kitune/
マドナシ、秋窪尚代、鍵澤学、松原明音、西崎毅、猿田健一。 2006年より活動開始。gyuune casetteより1st Album「いつも通りの世界の終わり」。2ndAlbum「俯瞰せよ、月曜日」、P-VINE RECORDSより3rd Album「死にたくない」、2016年に活動10周年を記念して会場限定シングルをリリース。プログレ・ジャズ・ロック・フォーク・パンク、ごちゃ混ぜになった音塊は、変拍子を基軸に、文字通りジャンルを超え幾層にもなって複雑な世界を構築する。その上に朗々と置かれる言葉の数々は、毎日のふとした瞬間に、突き刺さる、気づかされる歌。その音楽性に加え、主催イベント「スキマ産業/スキマアワー」では、廃校・ライブハウスなどで、UA、THA BLUE HERB、ジム・オルーク、山本精一、大友良英、向井秀徳、トクマルシューゴ、二階堂和美、キセル、コトリンゴ、MUSIC FROM THE MARSといった多種多様なアーティストを招聘し“独自”な活動を続けている。2017年9月、前作から4年ぶり、待望の4th Album「ある日気がつく、同じ顔の奴ら」をP-VINE RECORDSよりリリース!

チケット予約はお問い合わせフォームより件名に公演日ご記入の上、お名前、枚数をご入力ください。
お名前必須
メールアドレス必須
件名
お問い合わせ内容
キツネの嫁入り・スキマ産業関係のメルマガを希望する。
 はい いいえ