0922

2018.09.22(土)smash west presents「BOTANICAL HOUSE vol.03」

smash・岡村詩野さんによる企画

smashさんとライター岡村詩野さんによるところの企画らしい「BOTANICAL HOUSE」に呼んでいただきました。昨年ライブを見て興味深々のギリシャラブくんと、ロックバンドドレスコーズより志磨遼平さん。久しぶりの磔磔にて。この日もバイオリンイガキアキコを迎えた攻撃力高めセットにて。

イベント概要

日程:2018年9月22日(土)
BOTANICAL HOUSE vol.03
会場:磔磔
時間:開場16:00 / 開演17:00
料金:前売2,500円 (1ドリンク別)
問合:SMASH WEST 06-6535-5569

出演:志磨遼平(ドレスコーズ)/ ギリシャラブ / キツネの嫁入り


[チケット]
7.21(土)より発売
チケットぴあ(P:122-239)
ローソンチケット(L:52826)
e+(pre:7/11-16)
※主催者先行予約
7.3(火)12:00~7.10(水)23:59

チケット予約↓バンド受付
http://madonasi.com/kitune/#contact

キツネの嫁入り

201806 (1)

公式サイト:http://madonasi.com/kitune/
マドナシ、秋窪尚代、鍵澤学、西崎毅、猿田健一、佐藤香
2006年より活動開始。純粋に自分達の音楽を追求するために日々の時間を削る事をいとわない人と、それを昇華しなるべく多くの人に聞いてもらいたいと思うメンバーにより構成された音楽集団。gyuune casetteより1st Album「いつも通りの世界の終わり」。2ndAlbum「俯瞰せよ、月曜日」、P-VINE RECORDSより3rdAlbum「死にたくない」、2016年に活動10周年を記念して会場限定シングルをリリース。プログレ・ジャズ・ロック・フォーク・パンク、ごちゃ混ぜになった音塊は、変拍子を基軸に、文字通りジャンルを超え幾層にもなって複雑な世界を構築する。その上に朗々と置かれる言葉の数々は、毎日のふとした瞬間に、突き刺さる、気づかされる歌。その音楽性に加え、主催イベント「スキマ産業/スキマアワー」では、廃校・ライブハウスなどで、UA、ジム・オルーク、THA BLUE HERB、山本精一、大友良英、向井秀徳、トクマルシューゴ、高野寛、二階堂和美、キセル、石橋英子、タテタカコ、predawn、テニスコーツ、コトリンゴ、MUSIC FROM THE MARSといった多種多様なアーティストを招聘し“独自”な活動を続けている。2017年9月、前作から4年ぶり、待望の4thAlbum「ある日気がつく、同じ顔の奴ら」をP-VINE RECORDSよりリリース。レコ発ツアーにて東京・青山月見ル君想フ、京都・木屋町UrBANGUILDではワンマンショウ、梅田シャングリラではdownyと2マンなど盛況に終える。2018年、新たに新メンバービブラフォン奏者佐藤香を迎えて新たなフェーズへ突入。

MAP

会場: 磔磔
住所: 〒600-8061 京都府京都市下京区筋屋町139−4
TEL: 075-351-1321
アクセス: 祇園四条駅の3番出口を出て鴨川を渡り、そのまままっすぐ進んで行きます。 5分ほどで左手にドトールコーヒーが見えますので、その角を左(南)に曲がります。 2筋進むと「橋本人形店」があり、もう少し先に進んだ右手、駐車場の奥の木造の建物が磔磔です。 (橋本人形店のところでクランクになっているため、遠くから見ると行き止まりに見えますが、 先へ進むことができます)
WEB: http://www.geisya.or.jp/~takutaku/
チケット予約はお問い合わせフォームより件名に公演日ご記入の上、お名前、枚数をご入力ください。
お名前必須
メールアドレス必須
件名
お問い合わせ内容
キツネの嫁入り・スキマ産業関係のメルマガを希望する。
 はい いいえ