16th キツネの嫁入りワンマン公演

with コメントはまだありません

キツネの嫁入り16thワンマン公演

今年もやりますの年末ワンマンライブ。概要はちょっと調整中ですが、下記編成にてお送り予定。セットリスト、開場時間などなど検討中につき、ご要望を事前に募集するという企画中です。こちらのフォームより要望お問い合わせください。

G.Vo:マドナシ
Cho.Pf.Gl:ひさよ
Cho.Bass:猿田健一
Sax:北村信ニ
Dr:伊藤拓史
Vn:イガキアキコ

概要

キツネの嫁入り16thワンマン公演

■2022.12.10(Sat)
at Kyoto UrBANGUILD

LIVE:キツネの嫁入り

open TBA start TBA
adv TBA door TBA(+1drink)

▼チケット予約
アバンギルドもしくは問い合わせフォームまで

▼感染対策について
http://urbanguild.net/news/

会場MAP

キツネの嫁入り

キツネの嫁入りアーティスト写真

マドナシ、ひさよ、猿田健一、北村信二、伊藤拓史

2006年より活動開始。gyuune casetteより1st Album「いつも通りの世界の終わり」2ndAlbum「俯瞰せよ、月曜日」P-VINE RECORDSより3rdAlbum「死にたくない」4thAlbum「ある日気がつく、同じ顔の奴ら」をリリース。歌・アコースティックギター・ピアノ・サックス・ドラム・コントラバスという編成ながら、プログレ・ジャズ・ロックを基調とし変拍子を取り入れた音塊。主催イベント「スキマ産業/スキマアワー」では、廃校・ライブハウスを舞台に、UA、ジム・オルーク、THA BLUE HERB、山本精一、大友良英、向井秀徳、トクマルシューゴ、二階堂和美、キセル、石橋英子、テニスコーツ、コトリンゴ、といった多種多様なアーティストを招聘し続けている。まだまだ自分たちが楽しめる音楽への追求が止まらないため幾多のメンバーチェンジを経て現メンバーに至る。「dodoneMUSIC VIDEOが、世界4大アニメフェスオタワ国際アニメーション映画祭の特集プログラム“New Tool Who Dis? Tactility in the Digital Age”選出、プラハのPrague Music Video AwardsBest Asian Music Vide受賞。2021年4年ぶりとなる待望の5thAlbum「Just scratch the surface」をリリース。